生活情報紙「あれんじ」公式サイト

IKURU-TABLE(イクル テーブル)

Arrange Gourmet

掲載日
 2018年1月20日
カテゴリー
カレー, フレンチ

フレンチシェフこん身の味! ダシにこだわるスープカレー

フレンチのシェフから転身、「熊本で一番のカレー屋」を目指しているという店主の佐藤圭介さん(35)。ダシにこだわったスパイシーな「スープカレー」は、体の芯から温まると好評です。

おいしさの元になるのは、鶏肉や牛肉で取ったダシに、昆布やかつお節など和の味をブレンドしたスープ。さまざまな素材のうま味が、独自にブレンドしたスパイスの香りと辛さに調和し、ごはんがどんどん進みます。

付け合わせには、大きめにカットした季節野菜がたっぷり。ごはんの上に乗せたジャガイモ餅(マッシュポテトの中にチーズを入れて揚げたもの)もスープカレーと好相性です。

牛肉をトロトロに煮込んだデミグラスソースとカレーを合わせた「さとうのカレー」や半熟卵入りの「焼きチーズカレー」など、熱々のカレーもおすすめです。

(写真上)「スープカレー」1180円。水曜はレディースデーでデザートを、金曜はメンズデーでごはんの大盛り・おかわりがサービスされます

「幼児でも食べられるカレーも試作中です。長嶺のカレーの王子様と呼んでください!」。オーナーシェフの佐藤圭介さん

詳細情報

IKURU-TABLE(イクル テーブル)