生活情報紙「あれんじ」公式サイト

鮨 ざこや

Arrange Gourmet

掲載日
 2017年9月16日
カテゴリー
すし, 和食

小舟に乗ってやってくる 新鮮な地魚のにぎり

地魚を中心に天草の魚介類がリーズナブルに味わえる「鮨 ざこや」。カウンターに設けられた水槽の流れに乗って、寿司を乗せた舟形の器が回るひと味違った“回転寿司”の店です。

「学生時代の先輩が船大工で、小型船と同じ素材の強化プラスチックで造ってもらった装置。これがやりたくて長年住んだ横浜から帰ってきました」と主人の浦木勝洋さん(71)。聞けば横浜では40年間寿司職人を務めていたといいます。

漁師から直接仕入れる旬のネタに加え、長年懇意にしてきた横浜中央市場から届くマグロもこの店の名物です。

店の味を満喫するなら、まずはにぎり10貫と吸い物がセットになった「朝日丸」を。追加の単品にぎりは、2貫100円~。

(写真上)ブリやアジ、イワシ、カマトロのあぶり…おまかせ10貫の「朝日丸」1000円。ランチタイム(〜13時半)は900円に

「地魚だけでなく、職人が焼くふわっとおいしい玉子のにぎりも好評です」。左から、寿司職人の大石隆三さん(70)、店主の浦木勝洋さん、スタッフの滝本彩さん(18)

詳細情報

鮨 ざこや