生活情報紙「あれんじ」公式サイト

日本料理 おく村

Arrange Gourmet

掲載日
 2018年5月5日
カテゴリー
和食

生産者と共に食材を育てるこだわり

新町の老舗料亭「おく村」でいただきたいのが、会席料理を凝縮させた「気まぐれ御膳」。さまざまな味付け、彩り、調理法で仕上げられており「五味」「五感」「五色」「五法」を味わいます。

店主の奥村賢さん(47)は、県産の食材を徹底して使用するだけでなく、生産者を訪ね、ともに理想の食材に育て上げることにも力を注いでいます。奥村さんが手掛ける料理はどれも、一つひとつの食材の持ち味を舌の上でしっかりと感じることができ、味付けも繊細です。

また、客の来店時間に合わせて炊き始めるという釜炊きのご飯や、「トマト嫌いの人にもぜひ食べて欲しい」と作ったトマトのシロップ煮のデザートに至るまで、その丁寧な仕事にお腹も心も満たされます。

満足いく食事の後は、復旧工事が進む熊本城や桜の馬場城彩苑などを見て回るのもいいものです。

(写真上)季節感を味わう「気まぐれ御膳」2500円(土日曜、祝日は3000円)。要予約(当日でも可)

詳細情報

日本料理 おく村