生活情報紙「あれんじ」公式サイト

割烹火の国

Arrange Gourmet

掲載日
 2018年3月3日
カテゴリー
和食

老舗の味をお得価格で。見た目も楽しませる昼の会席

創業70年、熊本市中央区下通で郷土の味を提供する「割烹火の国」。熊本地震で被災し、現在は中央区新市街、通称シャワー通りで仮店舗営業中です。

老舗割烹となるとのれんをくぐるのも勇気がいるものですが、同店はもっと多くの人に本格和食を楽しんでほしいとお昼のお手軽メニューを充実させています。

ステーキ丼からミニ会席など多彩なメニューがそろう中、歓送迎会におすすめなのが「花しのぶ膳」です。

美しい器に盛られた「魚の南蛮漬けと花れんこん」「旬果のなます」「エビと季節の天ぷら」と目も舌も楽しませる繊細な料理が並んでいます。

メインは特製ダシが自慢の「鶏とつみれ鍋」。黄金色の透き通ったスープは数種類ものダシを使い、丁寧に仕上げた70年受け継がれる秘伝の味。深みのあるぜいたくな味わいが歴史を感じさせます。

お得なお昼膳とはいえ素材選びに妥協しないこだわりが、和食好きのグルメたちを引きつけてやまないのかもしれません。

(写真上)ミニ会席「花しのぶ膳」(月替わり)2700円。香物からスイーツまで素材にこだわって職人の手作りの味が楽しめます

「7月には元の場所で新装オープン予定です」。女将の平山 いづみさん

詳細情報

割烹火の国