生活情報紙「あれんじ」公式サイト

わが家の魚河岸 國枝鮮魚店

Arrange Gourmet

掲載日
 2017年12月2日
カテゴリー
和食

街中の鮮魚店のランチ 13種のネタがてんこ盛り

熊本市の中心部、中央区水道町交差点のすぐ近くの国道3号沿いに店を構える「國枝鮮魚店」。店主の國枝政裕さん(48)は鮮魚の移動販売を行いながら、一方では家族と店を営んでいます。「水道町は地元なんで、みんなにおいしい魚を食べてほしくて店を構えました」と國枝さん。

ランチのお品書きには刺し身や焼き魚、天ぷらなど、魚が主役の料理が並びますが、人気は「海鮮丼膳」。夜も明けきらない早朝、市場で買い付けした魚介の約13種のネタを、ツヤツヤの白いご飯にてんこ盛りした豪華な海鮮丼です。

ウニ、イクラ、タイやカンパチ、アオリイカ、ネギトロなど、どれも脂がのっておいしいこと。

「お客さんの口に入る瞬間が一番おいしい状態になるよう、魚を調理しています」という國枝さん。魚好きにはたまらないお店です。

(写真上)「海鮮丼膳」1280円。その日仕入れた新鮮な刺し身が13種(日によって変わります)ほど。いろいろな魚の味が楽しめます

「熊本市内を移動販売しています。見かけたら声かけてください」。店主の國枝政裕さん

詳細情報

わが家の魚河岸 國枝鮮魚店