生活情報紙「あれんじ」公式サイト

もつ鍋 梅ノ木 上通店

Arrange Gourmet

掲載日
 2018年2月3日
カテゴリー
和食, 鍋料理

上質な九州産の牛モツ 手間をかけたダシが最高

九州産のハーブ牛の小腸のみを使ったもつ鍋専門店の「梅ノ木」。おいしさの秘密は産地直送の上質なモツをボイルせずに生で使用するところ。うま味が逃げず、しかも新鮮なので臭みやクセがありません。

鶏ガラとカツオ節、昆布で取られた上品なダシが、濃厚なモツのうま味を引き立てます。

スープはしょうゆベースとみそベースの2種。しょうゆは県産の4種のブランドを調合し、みそは県産と西京みそなど5種をブレンドさせた特製みそを使用。さらに青森県産のニンニク、県産キャベツ、ニラと、とことん素材を吟味したぜいたくなもつ鍋です。

「安心・安全のおいしさをお届けしたいです」と店主の永田博之さん(46)。その徹底した仕事ぶりに脱帽です!

(写真上)もつ鍋1280円(1人分、注文は2人分から)。しめはチャンポン麺(260円)か雑炊セット(400円。玉子、ネギ付き)で

「本荘店は移転準備中です。もうしばらくお待ちください」。店主の永田博之さん

詳細情報

もつ鍋 梅ノ木 上通店