生活情報紙「あれんじ」公式サイト

ほりだしハウス

Arrange Gourmet

掲載日
 2018年2月17日
カテゴリー
和食

大津のおやつの定番! ホクホク甘い「いも天」

JA菊池女性部大津支部で営む「ほりだしハウス」。「JAとれたて市場」に隣接する、小さな店構えの天ぷら専門店です。

店頭に並ぶのは、特産のサツマイモ「ほりだしくん(高系14号)」を使った「いも天」をはじめ、水田ゴボウの「ごぼう天」や日奈久ちくわにサツマイモサラダを詰めた「ちくわ天」、肉じゃがで作る「コロッケ」など、熊本の素材を使った揚げ物の数々が並びます。

一番人気は「いも天」。厚さ2cmの分厚いサツマイモを、低温でじっくり揚げているので、衣はカリカリ、サツマイモはホクホク。素朴な甘さに癒やされます。

「冬場はサツマイモがおいしい季節。町長から大津高校の学生まで、ファンが多いんですよ」と代表の松岡和子さん(65)。世代を超えて愛されている“町の味”のようです。

(写真上)写真手前から時計回り/食べ応えのあるいも天100g98円(1枚100円前後)、ごぼう天、野菜天、ちくわ揚げ、コロッケ各1個100円

「きれいな菜種油で揚げたサクサク衣が人気です!」。前列右から、代表の松岡和子さん、堤結子さん(62)、藤川千代美さん(60)、赤間陽子さん(72)、後列右から岩下幸子さん(76)、坂本はるみさん(69)、砂野光代さん(70)、渡辺芳子さん(61)

詳細情報

ほりだしハウス