生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(6)雪のような口溶け 極薄のけずり節

(6)雪のような口溶け 極薄のけずり節

2018年4月7日
|

津田さんが開発したうるめいわしのけずり節(燻製とプレーン、いずれも594円・50g)。だしパック(燻製とプレーン、いずれも594円・30g×5袋)※値段はメーカー希望小売価格

「天栄食品」の代表・津田拓司さん(26)も、8年前までは九州学院高校野球部でピッチャーをしていた球児で、なかなかのイケメンです。津田さんは高校卒業後に関西に渡り、5年前に牛深に戻って父親が経営する「津田水産」に入社し、かつお節の80倍のカルシウムがあるという、うるめいわしの極薄のけずり節を使っただし商品の研究開発をしました。商品の販路を広げようと、昨年独立し、会社を立ち上げました。

津田さんがこだわる、0.01ミリの薄さまで削ったけずり節は、口に含むと雪のような口溶けを感じます。また粉末のだしはお好み焼きなどに最適で、他にだしパックなどそろいます。いずれの商品も「うしぶか海彩館」などで販売されています。

イケメンで優しい若い社長、津田拓司さん。うれしいことに、独身です

天栄食品

 

牛深の旅のおみやげ 笑顔のばくだんと真珠のアクセサリー

「原かまぼこ店」の店先で作られる「ばくだん」(1個194円)は、食紅で色付けしたゆで卵を、エソやスケソウダラの練り物で包んで揚げた牛深の伝統食(ネット購入も可能)。また「半熟煮たまごばくだん」(216円)は牛深の当店でしか買えない人気の味。

牛深名物「ばくだん」。手前が半熟煮卵ばくだん

「原かまぼこ店」4代目店主の原 光生さん(53)

牛深のお土産におすすめなのが「パールにしおか」の真珠のジュエリー。リーズナブルな価格が評判です。グラスボートキップ売り場横の本店、「うしぶか海彩館」でも購入できます。

ブローチやピアス、ネックレスなど2千円台からそろっています

「パールにしおか」代表の西岡勝三さん(50)

原かまぼこ店

 

パールにしおか

 

旅の終わりに・・・

加世浦地区に「せどや」と呼ばれる、住宅が密集した場所があります。明治期に船団の乗り子たちの住居としてつくられたもので、「隣家の生活音にほっとする」とここに住む人の誰もが言います。コミニュケーションが希薄になった現代、人の心が深く通い合う暮らしが牛深には今も残っています。