生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(4)ジビエに、十割そば 山里グルメを堪能

(4)ジビエに、十割そば 山里グルメを堪能

2018年3月3日
|

「そば処 山の幸館」

さて、水上村には、そばやジビエなどおいしい山の幸がそろっています。「そば処 山の幸館」では、つなぎを一切使用しない十割そばが人気です。水上村を中心に契約栽培されたそばを、丁寧に石臼でひいて、手打ちしています。

特におすすめは、せいろ、おろし、季節の温そばと、一度に三種類のそばが味わえる「蕎麦三昧」です。つるっとたぐると、そばの香りがふわっと広がり、しこしことした食感が楽しめます。

一度に3種類のそばが堪能できる蕎麦三昧(1400円)

「水上村周辺で採れたソバを使っています」と「そば処 山の幸館」の森山和幸さん(29)

そば処 山の幸館

 

昔から猟師のまかない料理

源泉掛け流しの温泉「元湯」で一息ついたら、物産館「水の上の市場」へ。ここでの目玉商品は、ジビエ料理と加工品です。水上村では、昔から猟師のまかない料理として、鹿肉やイノシシ肉が食べられていました。鹿肉ソフトジャーキーや、鹿肉ソーセージは、ふるさと納税の返礼品としても人気を集めています。昨年5月にオープンしたクロスカントリーコース「水上スカイヴィレッジ」で高地トレーニングに励むアスリートたちにも高タンパク、低カロリーな食材として好評です。

「鹿肉ソフトジャーキー」(100g・735円)や「鹿肉ソーセージ」(3本入り・750円)などのジビエも人気です=水の上の市場

リニューアルしたばかりのダムカレー(1200円)は、グリーンカレーにすることで湖面を表現。水上村産の鹿肉を使ったカツとスペアリブは絶品!

野菜や加工品、ジビエなど、水上村のおいしいものがいっぱい!水上村物産館「水の上の市場」

「サクラの季節に遊びに来てください」と「水の上の市場」の左から原田康三さん(59)、上村由美子さん(62)、中村祥子さん(62)

また、現在、水上村を含む奥球磨3町村にて、「奥球磨どんぶりフェア」というイベントが3月25日まで開催されています。「水の上の市場」では、鹿とイノシシ、両方のジビエが堪能できる「ジビエどんぶりまたぎ丼」を味わうことが出来ます。

鹿カツと甘辛く炊いたイノシシの肉がのった「ジビエどんぶりまたぎ丼」(1300円)=水の上の市場

気がつくと日が陰り、刈り株だけの田んぼの向こう側に、ほんのり春の色を帯びた市房山がぼんやりと浮かび上がります。山里の緑が萌え出す季節が待ち遠しく感じる一日でした。

「花より団子マラソン」開催

4月1日 湯山運動公園広場
恒例の「桜の里健康マラソン」がリニューアル。参加者は水上村産白米が会場で食べ放題という特典付きです。コース上のエイドステーションでは村内の特産物を堪能できます。

物産館 水の上の市場