生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(4)マンガミュージアム開館へ 世代を超えて交流する場に

和風ステーキ定食1050円

(4)マンガミュージアム開館へ 世代を超えて交流する場に

2017年5月6日
|

「合志マンガミュージアム」は、7月オープン予定

明治時代に農村の子どもたちを教育する私塾「合志義塾」が設立されるなど、合志は古くから教育にも熱心な地域。近年は子育て世代の転入率が高いこともあり、新たな視点で教育や仕事を考える取り組みも始まっています。そのひとつがマンガやアニメを活用したまちづくりです。

西合志図書館横に7月オープン予定の「合志マンガミュージアム」を一足早くのぞいてみました。扉を開いた瞬間、さわやかな木の香りに包まれます。図書館内には畳敷きのスペースやトンネルのような小部屋などが配され、秘密基地のような雰囲気も。子どもならずともワクワクします。

同じく漫画で町おこしに取り組む湯前町との連携協約の一環で贈られた、県産材を多用した空間

熊本市黒髪にかつてあった「キララ文庫」の蔵書をはじめ、住民らから寄せられたコミック本や雑誌などの漫画約10万冊を所蔵予定

「私も小さい頃から漫画が好きでよく読んでいますが、絵があることで物語に親しみやすく、時に生きるヒントをくれることもある。マンガってとても可能性のある読み物だと思います。ここには、昭和から平成にかけて描かれた漫画が約10万冊所蔵される予定なので、私も子どもを連れて遊びに来るのが楽しみです」と話すのは、合志市役所政策課の杉村輝彦さん(42)。ここは、世代を超えて楽しめるスポットになりそうです。

明治時代に開かれた私塾「合志義塾」について書かれたオリジナルマンガなども

「多くの人たちの交流の場になったらうれしいですね」と、杉村輝彦さん

問い合わせ

合志マンガミュージアム(2017年7月オープン予定)

  • 合志市御代志1661-271
  • TEL.096-273-6766(オープン後利用可能)
  • 開館/10時〜18時
  • 休/月曜(祝日の場合は翌日)、毎月末日、年末年始
  • ※ほか、展示替えによる臨時休館あり
  • 入場料/大人・大学生300円、中学・高校生100円、小学生以下無料
 

優しい人柄がにじむ笑顔と、昔懐かしい味わい

地元で長年愛されるレストランがあります。熊本電鉄・御代志駅のすぐそばのレストラン「オリオン」。昭和レトロ感漂う店構えとアットホームな雰囲気にホッとします。

テーブル椅子席のほか、畳の小上がりもあり、サラリーマンや学生、家族3世代で来店する常連客も。お邪魔したのはランチタイムだったこともあり、あっという間に満席で、スタッフもくるくると大忙しです。

手ごねハンバーグやサクッと揚がったミックスフライ定食が人気で、日替わり定食は7品付きでなんと600円というリーズナブルさ!添加物を一切使わず、ハンバーグやステーキのソースから手作りするこだわりに、客足が絶えないのも納得です。

御代志駅のすぐ近くにあるレトロな店構えの「レストラン オリオン」

「夫婦で頑張ってきて、気づけば今月、創業39年を迎えました。連休やお盆の帰省がてらに3世代でお越しくださるお客さまもいらっしゃいます。うれしいですね」と森恵美子さん(60)。恵美子さんの優しい人柄がにじむ笑顔と、昔懐かしい味わいに心が温かくなりました。

和風ステーキ定食1050円。ニンニクの効いた和風ソースが食欲をそそります

サクッとした衣の食感もおいしいミックスフライ定食。小鉢3品とごはん味噌汁付きで860円

ハンバーグランチは白身魚のフライ付きで600円

右から森恵美子さんとスタッフの長島直子さん(40)

初夏の木漏れ日に輝く、合志の街並み。緑豊かな田園風景や、おいしいものを育む人の朗らかな笑顔に心が和んだ一日でした。

問い合わせ

レストラン オリオン