生活情報紙「あれんじ」公式サイト

暖かな年の瀬

暖かな年の瀬

今年は暖冬のようです。鹿北町岳間も同様で、師走らしくない暖かさです。この日、旧岳間小のグラウンドでは、地域の人たちが集まり、冬の風物詩、避難訓練が行われていました。

「火事だー!」と叫びスリッパのままグラウンドに飛び出します。そのまま消化器の使い方講習。みなさんスムースにやっていました。

その後、農家を訪ねると、柚子(ゆず)の箱詰め作業の真っ最中。柚子のさわやかな香りあたりいっぱいに漂っていました。300本の木から毎年2000箱ほどの収穫があるそうですが今年は温暖化と雨が多かったせいで半分の1000箱分しかものにならなかったみたいです。

それでも冬至前でとても忙しそうでした。途中でもらった焼き芋はとてもおいしかったです。




















暖かい日が続くせいか、今ごろ咲くサザンカと一緒に春に咲くはずの「ツバキ」や「菜の花」が咲いていてビックリでした。


いまが見ごろのサザンカ



春に咲くはずのツバキが開花しています



菜の花がぽつんと咲いています。やはり暖かさのせいでしょうか(2015.12.17)