生活情報紙「あれんじ」公式サイト

深い山に抱かれた 心豊かな暮らし 五家荘

モミジが色づいていました

深い山に抱かれた 心豊かな暮らし 五家荘

2015年10月17日
|

九州脊梁の標高1300mを超える山々に囲まれた秘境の地、五家荘。八代市泉町の奥地にある樅木、葉木、仁田尾、久連子、椎原の5地区のことで、平家の落人と菅原道真の末裔が世をしのんで隠れ住んだことで知られています。秋色に色づき始めたこの小さな山里を訪ねました。

表紙=平家の落人が暮らしたとされる「緒方家」

文=相葉陽子 写真=森賢一(グラフ)