生活情報紙「あれんじ」公式サイト

(4)五家荘の自然を守る謎のヒーロー ワンコイン弁当が人気の定食屋

「山女の唐揚げ定食」(1000円・要予約)

(4)五家荘の自然を守る謎のヒーロー ワンコイン弁当が人気の定食屋

2015年10月17日
|

「五家荘には、ぜひ泊まりで来てください。ディープな魅力にやみつきになりますよ!」と、橋崎晋吾さん、詩緒里さん夫妻

旧八代市立泉第七小学校(椎原)は、現在、五家荘地域振興会などが入居して、地区の活性化の中心的な役割を果たしています。校舎を囲む近くの林から、「ジェー、ジェー」とやかましいほどの大きな声で野鳥が鳴いています。

「きゃーぜんぼー(カケス)が、鳴きよるねえ」

そう言って長男の晋凡(のぶちか・1歳)くんをあやしているのは、橋崎晋吾さん(39)と詩緖里さん(36)の夫妻です。

山間に響くカケスの鳴き声が、本格的な秋の訪れを教えてくれているようです。

現在、五家荘に暮らす橋崎さん夫妻は八代市出身で、勤務先の五家荘地域振興会で知り合い結婚。その後、晋吾さんは、個人事務所を立ち上げ、外国人観光客の誘致活動や通訳ガイド業を行っています。

「道は狭いし、コンビニもないし、確かに不便(笑)。でも、ここまでたどり着いたら天国! おいしいものや美しい自然があり、親切な人たちがたくさんいます」と語る晋吾さん。

「子どもが生まれてからは、町の人たちが我が子のようにかわいがってくれるのがうれしくて。食事を作るのが大変だろうからって、料理を持って来てくださるので、甘えています」と詩緖里さん。

そんな2人が紹介してくれたのが、「ゴカレンジャー」の皆さんです。

五家荘の自然を守るべく活動するゴカレンジャーのみなさん。いつもは、赤、青、緑、ピンク、黄色で活動。ブラックは、悪役

山の自然を守りたいという思いで、2012(平成24)年に地元有志5人で結成された「ゴカレンジャー」は、山でのマナーや、登山への注意点を、劇などを通じて伝える活動をしています。日ごろは役場の職員や民宿経営者など、“世を忍ぶ仮の姿(!?)”で生活しています。

「五家荘の自然もベールに包まれとるけん、ゴカレンジャーもベールに包まれとる方がよかでしょ? はっはっは!」と笑うゴカレンジャーのみなさん。

「レッドは山火事から山林を守り、ブルーは清流とヤマメを守るなど、それぞれの衣装に思いを込めています」とゴカピンクになりきった橋崎晋吾さん。美しい山里を守る思いが伝わります。

ゴカレンジャーの〝世を忍ぶ仮の姿(!?)〟のみなさん。左から黒木智光さん(52)、久保圭さん(43)、橋崎晋吾さん、橋崎晋凡くん、橋崎詩緒里さん

さて、地元で評判の食堂が「もみじ食堂」です。「テーブルもなんもかんも、みんなからのもらいもの。ちぃーっと傾いた扉はお父さんの手作り!」と元気いっぱいの笑顔を見せるのは、店主の左座(ぞうざ)節子さん(58)です。

「もみじ食堂」は、かつて椎原地区で人気のうどん、そば店でした。しかし、店主が高齢になって店を閉じ、2年間ほど休業。近所に住む料理上手の左座さんは、「もみじ食堂」の復活を願う周囲の声に押され、一昨年、食堂を再開しました。

「打ち立てのそばば、食べてみて。おいしかよ」。手作り感あふれるそばは、そば粉の香りが引き立つ優しい味で、甘みのあるだしのおいしいこと。

見落としそうな小さな建物「もみじ食堂」

シカの南蛮漬けや天然もののヤマメなど、地元ならではの食材を使った定食も人気です。

山の幸がいっぱいの手作りの「500円弁当」は、地元で大人気。「紅葉ば見に来なはるときは、電話1本してくれれば、弁当ば作っとくよ。せっかく五家荘に来るとだけん、地のものば食べんとね」(※定食と弁当は、要予約)

要予約の「鹿肉の南蛮漬け定食」(1000円)。甘酸っぱい味付けが最高! 打ち立てのそばもおいしい

「山女の唐揚げ定食」(1000円・要予約)も人気です

「料理が生きがい」と元気いっぱいの左座節子さん

「五家荘紅葉祭」では、さまざまなイベントも企画されています(五家荘観光案内所提供)

「五家荘はこれ以上便利になると、ここの魅力がなくなる気がする」

そう言った町の人の言葉が印象的でした。豊かな暮らしとは、幸せな人生とは何だろうと、あらためて考えさせられたような気がしました。

初めて会ったのに、昔から知り合いのような温かさ。深い優しさに甘えた一日でした。

もみじ食堂

 

五家荘紅葉祭

2015年10月25日〜11月20日
●所在地/八代市泉町 五家荘一帯
●問/TEL.0965-67-2111(八代市泉支所総務振興課)
※11月3、8、15日は交通混雑が予想され、午前9時~午後4時に一方通行区間ができます。

五家荘観光周遊バス運行

  • 五家荘観光周遊バス(新八代駅発着)が運行します。
  • 期間/2015年10月24日(土)・26日(月)~11月16日(月)の平日のみ運行(最少催行15人・予約先着順)
  • 価格/3980円(観光施設入館料・昼食・旅行保険料込)
  • 周遊バス予約受付/神園交通トラベルTEL.0965-31-5789