生活情報紙「あれんじ」公式サイト

日だまりに川音澄みて冬初め 東陽町
日だまりに川音澄みて冬初め 東陽町

今も懐かしい山里の景色が残る八代市東陽町。石橋の里としても知られるこの町で、昔ながらの暮らしの知恵や、先人たちが残した風景に触れました。

続きを見る →
冬がよく似合う石橋の里 石工・橋本勘五郎の故郷
冬がよく似合う石橋の里 石工・橋本勘五郎の故郷

山々を覆っていた朝もやが消え去ると、色づいた木々が浮かび上がります。稲刈りを終えた田んぼを朝日が照らすと、うっすらと蒸気が漂います。

続きを見る →
人吉(ひとよし)南散策マップ
人吉(ひとよし)南散策マップ

相良氏700年の歴史が息づく、城下町・人吉。町の中央を清流・球磨川が貫きます。相良氏の居城・人吉城址の整備が進み、周辺は市民の憩いの場となっています。

続きを見る →

熊日ほっとネットワーク


山の湧き水でヤマメの養殖 昔ながらの木炭作り
山の湧き水でヤマメの養殖 昔ながらの木炭作り

河俣川沿いの県道25号を球磨郡五木村方面に上っていくと、山深くなっていきます。

続きを見る →
ショウガ農家の甘酢漬け キクラゲをおいしく食べる
ショウガ農家の甘酢漬け キクラゲをおいしく食べる

東陽町の特産品がショウガ。町のいたるところでショウガ畑を目にします。

続きを見る →
ショウガグルメのオンパレード 静かに訪れる山里の冬
ショウガグルメのオンパレード 静かに訪れる山里の冬

東陽町の特産物がそろう「東陽交流センターせせらぎ」内にある「さんぐらん」では、ショウガを使った多種類の加工産が販売されています。

続きを見る →
スマホで夕刊 便利な電子版サービス

グルメ情報

  • トースト屋さん 健軍Cafe’ru(カフェ・ル)
  • KICHIJIEN Cafe(キチジエン カフェ)
    くだものソフト
  • N-orangette(エヌ-オランジェット)
  • kitchen 明ヵ里(あかり)
    とってもよくばりランチセット
  • Bistro Timide(ビストロティミード)
    年忘れ女子会ランチパーティーセット
  • Joan(ジョアン)
    「特製ミートローフランチ」

あなたの暮らしをアレンジするお役立ちマガジン

「くまにち・あれんじ」は、20代から40代のファミリー向けの生活情報紙。特に主婦に話題のグルメや、子育て、医療・健康、ライフスタイルなどを中心に掲載しています。すべての熊日読者に、第一、第三土曜の月2回、朝刊とともにお届けいたします。

配布エリアは県内全域

「あれんじ」の配布エリアは、熊日本紙と同じ県内全域。配布部数、配布エリアの広さは県内最大です。

熊本の「ステキ」探しへ

あれんじ編集室が県内133の熊日販売センターと一緒に県内各地の「ステキ」探しに出発。ふるさと熊本の魅力を発掘、再発見します。

媒体資料

媒体概要・広告について
詳しく読む

熊日購読申し込み

熊日本紙購読申し込みページ
購読申込みへ